会社案内

aboutus_message

ごあいさつ

尾道は古くに北前船の寄り港として栄えた町です。
その当時、尾道から畳表や木綿や塩などを運び、北海道からは昆布や干魚などの海産物が沢山集まって来ていました。その中に、いかの干し物(干しするめ)があり、美味しい食べ方を工夫して出来たのが「尾道いか天」です。
当初は干したするめを七輪で炙って手延べのローラーで薄く延ばし、衣を付けて一枚ずつ丁寧に手揚げで造っていました。
その後、先人たちのたゆまぬ努力のお蔭で技術が進歩して機械化され、大量生産が可能になり、そして商品が日持ちするようになって全国で販売出来るようになりました。弊社は、昭和36年に砂田邦造商店として商いを創めました。
昭和50年代に入り「のり天」を開発、当初から瀬戸内産の海苔だけを使用してフライにした商品で、現在でも「尾道のり天」として好評を得ています。
昭和56年に法人化し、「尾道いか天」「尾道のり天」を柱としたフライ製品を今日まで作り続けてまいりました。
これからも、「安心・安全・美味しい」を合言葉に、さまざまなフライ製品の開発に努め、お客様に笑顔で食べて頂ける商品をご提供することに日々邁進いたします。
今後とも、より一層のご愛好を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

企業概要

基本理念

-継続は力なり-

私たちは、自ら考動し、人と人とのつながりを大切に、
連携した職場創りを継続します。

会社名

有限会社 砂田食品

創業

昭和36年5月(昭和56年5月に法人化)

資本金

600万円

役員

   取締役会長 砂田 邦造
代表取締役社長 砂田 佳月
 取締役部長 石田 義人 
取締役 砂田 佳枝
監査役 亀田 るり

従業員数

32名(男10名・女22名)

事業内容

いかフライ製造販売

その他各種フライ製品の製造販売

取引銀行

中国銀行 東尾道支店

しまなみ信用金庫 高須支店

本社工場

〒729-0141

広島県尾道市高須町4837-3

Tel:0848-46-7310

Fax:0848-46-7311

工場総面積

1086.03m2

会社沿革

昭和36年
砂田邦造商店として開業
昭和56年
資本金300万円で有限会社砂田食品として法人設立
平成6年
資本金を600万円に増資
平成7年
本社工場を尾道市高須町に移転

aboutus_building

アクセス

有限会社 砂田食品

本社工場:〒729-0141
広島県尾道市高須町4837-3
TEL(0848)46-7310
FAX(0848)46-7311

▲ページトップ